公共料金の引落しに対応していないネットバンクの使い方
   ネットバンク比較 得するネット銀行の選び方 ネットバンク比較 得するネット銀行の選び方 運営スタッフ紹介 ネットバンク比較 得するネット銀行の選び方 サイトマップ


   ネットバンク比較 > ネットバンクなお話 > 公共料金の引落しに対応していないネットバンクの使い方

公共料金の引落しに対応していないネットバンクの使い方


一般の店舗型の銀行と比較して、手数料の面で有利なネットバンクですが、もちろんネットバンク特有のデメリットもあります。



その一つの例が「公共料金の引落しに対応していないこと」です。



ジャパンネット銀行など一部のネットバンクや店舗を持っている新生銀行などは、NTT電話料金やNHK受信料、電気料金やガス料金などの公共料金の引落し口座として利用できますが、ネットバンクの中には、公共料金の引落し口座として登録できないところもあります。



例えば、高金利な預金口座「SBIハイブリッド預金」が人気の住信SBIネット銀行は、色々な手数料が安いことや、便利なサービスを提供していてメリットの多い魅力的なネットバンクですが、残念ながら、公共料金の引き落としには対応していません。




住信SBIネット銀行の「よくある質問と回答」より




…ただ、住信SBIネット銀行からの公共料金を引落す方法は、全くない訳ではありません。ある方法を使えば、公共料金や他の引落を住信SBIネット銀行などのネットバンク口座から行うことは可能です。



その方法とは、



公共料金等の支払いをクレジットカード払いにしてしまう



ことです。



ネットバンクにはクレジットカードの引落し口座として登録できないところもありますが、クレジットカードに関しては、提携しているカード会社に限りますが、引落し口座として登録することができます。


また、提携しているカード会社と言っても、VISAカードやJCBカード、Masterカードにニコスカードなど、ほとんどの大手カード会社と提携していますので心配は入りません(^^ゞ。




なお、百貨店独自のクレジットカードなど、ショップ独自のクレジットカードを利用したい場合は、お手持ちのカードの表面に、「VISA・Master・JCB・DC・Diners」といった国際ブランドのロゴが付いていれば、ネットバンクからの引き落としにも対応していることが多いので、一度、クレジットカードの表面を確認して見て下さい(*^^*)。








インターネットの普及に比例して、現在では、電気・ガス・水道を初めとして、NHKの受信料など、多くの公共料金がクレジットカードで支払えるようになりました。

今までカード引落しができなかったNTTでさえも、2007年1月からクレジットカードでの支払いに対応しています。

参考 : クレジットカード「超」活用術




つまり、ネットバンクの口座から直接引落すことができなくても、クレジットカード支払いにしてしまえば、間接的にネットバンクから引落すことができるのです。




住信SBIネット銀行については特にそうですが、他の公共料金の引落しに対応していないネットバンクを利用する場合には、提携クレジットカードがないかどうか調べてみることをお勧めします。




参考 : クレジットカード申込み比較.com
    : Pay-easy(ペイジー)とは?
    : Pay-easy(ペイジー)の使い方・支払い方法



もし宜しければ、「ネットバンク比較 得するネット銀行の選び方」を
  お友達にもご紹介下さい。振込手数料 無料の輪をドンドン広げていきましょう!





ネットバンクはこんなに得


ネットバンク(銀行)比較


じぶん銀行


ジャパンネット銀行


ソニー銀行


新生銀行




その他のネットバンク


お勧めサイト一覧


当サイトについて


Copyright(C) 2017 ネットバンク比較 得するネット銀行の選び方 All rights reserved