ネットバンク比較 得するネット銀行の選び方 ネットバンク比較 得するネット銀行の選び方 運営スタッフ紹介 ネットバンク比較 得するネット銀行の選び方 サイトマップ


   ネットバンク比較 得するネット銀行 > ネットバンクなお話 > 2週間満期&高金利、新生銀行 円預金

最短!2週間満期&高金利、新生銀行の円預金


「普通預金より、定期預金の方が金利が高い」


ということは知っていても、実際には利用していないという人は、結構多いのではないでしょうか。


定期預金は金利が高いという点では、確かに普通預金よりも有利ですが、その代わり、預金期間が5年間や10年間と長く、自由にお金を出し入れできないという弱点があります。



ところが、新生銀行には、わずか2週間預けるだけで、普通預金の5倍の預金金利が付く、「2週間満期預金」があります。




新生銀行、元本保証・預金保険対象の2週間満期預金




2週間満期預金の申込情報




新生銀行の2週間満期預金を利用すると、



わずか2週間預けるだけで、0.05%の高金利



が付きます。




仮に、100万円を預けると、2週間後の満期時には0.05%の利息が受け取れます。また、いったん満期を迎えた後もそのまま繰り越していけば、元金に受け取った利子が加わっていきますので、次回受け取れる金額がさらに増えることになります。




とは言っても、「2週間満期預金の金利は高いですよ」と言っても、比較対象となる情報がなければ分かりづらいと思いますが、ネット銀行の普通預金・定期預金 金利 パーフェクト比較を見れば、今日の低金利の中で、どれだけ高いのかが分かっていただけると思います。





銀行名 預金期間 預金金利 利払日
新生銀行
(2週間満期預金)
2週間 0.05% 2週間後
ゆうちょ銀行
(1年満期 定期預金)
1年 0.01% 1年後
三菱東京UFJ銀行
(1年満期 定期預金)
1年 0.01% 1年後
三井住友銀行
(1年満期 定期預金)
1年 0.01% 1年後





例えば、ゆうちょ銀行の場合は、1年満期の定期預金で年利0.01%の金利となっていますので、新生銀行の2週間満期預金の方が5倍も高いことがわかります。しかも預入期間がたった2週間と短いのにです。




それでは、銀行大手の1年満期の定期預金と比較してみると、新生銀行の2週間満期預金の方が5倍も預金金利が高く、他の銀行と比較しても、圧倒的に高い金利であることが分かります。




また、1年満期の定期預金の場合は、ご存知のとおり、原則1年間は解約できませんから、時間的リスクで比べてみても、2週間ごとに満期日を迎える新生銀行の方が利用しやすいことが分かっていただけると思います。




なお、2週間満期預金が満期日を迎えると、ほかの定期預金と同じように自動的に更新される仕組みになっています。ただ、満期を迎える前にインターネットから解約を申し込むだけで、次回、満期を迎えた時点で解約されます。




また、手続きの方法もわざわざ銀行に電話をかけたり、支店の営業時間内に出向いて解約手続きを行う必要もありませんので、2週間満期預金は利用するときも解約を行うときも簡単です。





2週間満期預金の申し込み画面




2週間満期預金への申し込み方法も、口座開設後、新生銀行の公式サイトからログインして、【資産運用】⇒【定期預金】の順番でクリックしていき、2週間満期預金の画面が表示されたら、預ける金額を入力して、内容を確認するだけです。



ほんの数分で手続きが行えますので、簡単ですよね(*^^*)。




また、2週間満期預金は、元本保証&預金保険の対象にもなっていますので、新生銀行に預けている、ほかの保証対象の預金(普通預金など)と合わせて、元本1000万円+その利息分までがしっかり保護されます。




2週間満期預金の注意点




2週間以内に途中で解約する場合は、2週間満期預金の金利ではなく、円普通預金金利が適用されるようになっていますが、上の画像にも書いてあるとおり、元本を下回ることはありませんので、ご安心下さい(*^^*)。




新生銀行の2週間満期預金の主な特徴をまとめると次の通りです。





◎ 元本保証&預金保険の対象
  ⇒ 最高1,000万円+利息分までが保護されます。


◎ 預金期間は、わずか2週間
  ⇒ 満期日が近いため、1ヶ月後に使う予定のお金でも運用できます。

◎ 2週間満期預金の手続き方法が簡単
  ⇒ 申込みも解約手続きも、インターネットからいつでも行えます。

◎ 元本+利息が繰り越せる
  ⇒ 2週間満期預金を継続する場合、次回は受け取った利息も元本に加えて運用しますので、さらに利回りが良くなっていきます。

◎ インターネットからなら、最低50万円から利用可能
  ⇒ 新生銀行の公式サイトからログインして、インターネットから申し込めば、最低50万円か高金利な預金が利用できます。





ただ、こんなにメリットがあると何かひとつくらいデメリットがありそうですが、ほかの定期預金と同じように、中途解約を行ったときには、新生銀行の商品紹介ページを見てみても、これと言って見当たりません(笑)。




それどころか、新生銀行には、新生ステップアッププログラムというサービスがあるのですが、2週間満期預金を利用して、もし100万円を預けた場合は、自動的にゴールドランク(新生ゴールド)の優遇対象となり、ほかの銀行への振込手数料が月5回まで無料になったり、ほかの定期預金金利も高くなるなど、さらにお得な特典が付くようになります。




新生ステップアッププログラムの3つのステージの条件





新生ステップアッププログラムの特典内容





このように、新生銀行の2週間満期預金を利用すれば、高い金利が付くだけでなく、さまざまな特典も受けられるようになります。



ですので、少しでも高金利預金でお金を増やしながら、振込手数料など無駄な出費も減らしたい場合は、新生銀行の2週間満期預金は、本当にお勧めです。



僕も2週間満期預金サービスが始まってから早速利用していますが、2週間経つごとに元本に利息も加わっていますので、着実に預金額が増えています(*^^*)。




【新生銀行】 2週間満期預金・口座詳細情報




新生銀行の2週間満期預金という貯金箱を利用すれば、最初に預金しておくだけで中のお金が2週間ごとに増えていきますので、まさに魔法の貯金箱のようです。



こんな貯金箱がお店で売っていたら間違いなく飛びつくと思いますが(笑)、残念ながら、新生銀行に口座を持っている人しか利用できません。




ただ、このページをご覧になった方は、貯金箱のありかもメリットも分かって頂けたと思いますので、新生銀行に口座さえ持っていればいつでも利用できます(*^^*)。



また、もちろん新生銀行は口座開設時や口座管理料は一切かかりませんので、安心して利用できます。




新生銀行の2週間満期預金は、わずか2週間後に満期日を迎えますので、1ヵ月後に旅行などの予定がある人も気軽に利用できます。



また、ネットオークションを行っている人は、月5回まで他行に無料振り込みができるというお得なメリットもありますので、2週間満期預金はぜひお勧めです。





新生銀行の「総合口座(普通預金口座)」の説明&無料口座開設





参考 : 新生銀行の総合評価
    : 新生銀行の落とし穴(デメリット)
    : 新生銀行は、生活口座として最適なネットバンク(銀行)

    : コンビニATMも、銀行ATMも、利用手数料 無料の銀行を活用する!
    : 新生銀行、年利0.15%〜の高金利 円仕組預金で賢く運用
    : 新生銀行の「新生ゴールド」で振込手数料5回無料に!
    : 新生銀行のATM利用料が、実質無料→完全無料に!


もし宜しければ、「ネットバンク比較 得するネット銀行の選び方」を
  お友達にもご紹介下さい。振込手数料 無料の輪を広げていきましょう!




ネットバンクはこんなにお得


ネットバンク(銀行)比較


じぶん銀行


ジャパンネット銀行


ソニー銀行


新生銀行




その他のネットバンク


お勧めサイト一覧


当サイトについて


Copyright(C) 2017 ネットバンク比較 得するネット銀行の選び方 All rights reserved