ネットバンク比較 得するネット銀行の選び方 ネットバンク比較 得するネット銀行の選び方 運営スタッフ紹介 ネットバンク比較 得するネット銀行の選び方 サイトマップ


   ネットバンク比較 得するネット銀行 > ネットバンクなお話 > ネットバンクの未成年(こども)用銀行口座 比較

ネットバンクの未成年(こども)用銀行口座 比較


20歳以下の未成年でも銀行口座を開設できるネットバンクを比較してみたいと思います。


ひとくくりに未成年口座と言っても、銀行によっては20歳以内でも年齢制限があったり、利用できるATMの数などさまざまな違いがあります。



ですので、これから紹介する未成年口座の比較表を見ながら、


・ 自宅やよく行く場所付近のコンビニに対応しているか
・ ATM手数料の有無
・利用できる預金の種類


など、自分達にとって使いやすいのはどのネットバンクなのかを確認してみましょう。



なお、このページで紹介しているネットバンクは、未成年用の銀行口座もインターネットから申込みができます





【ネットバンク未成年口座 対応比較】





未成年用の銀行口座開設においては、年齢制限があるネットバンクもあります。


開設できる年齢に達していれば利用できる銀行から選べば良いですが、子供が小さい場合は0歳から開設できるネットバンクを利用して、すぐにでも子供用のお金と分けていく方が、ほかのお金と混同せずに済むためお勧めです。





【ネットバンク 未成年口座 振込手数料比較】





比較表にある通り、ほとんどのネットバンクで、同じ銀行同士ならば振込手数料が無料になります。


親子で同じネットバンクの口座を持っていれば、家族間での振込手数料が無料になるので便利です。




【ネットバンク 未成年口座 ATM対応比較】






○:24時間365日、ATMでの入出金が無料。
△:利用はできるが、入金手数料や引出手数料がかかる(但し、無料で利用できる時間帯があったり、条件を満たせば無料になる等の場合もあり)。
×:利用できない。




利用できるATMについては、成人用でも未成年用の口座でも同じです。ネットバンクの場合は、ほとんどのコンビニATMと郵便局(ゆうちょ銀行ATM)で使えますので、24時間、時間を気にせず利用することができます。


また、ソニー銀行イオン銀行ATMでも手数料無料で利用できますが、イオン銀行ATMは、ショッピングモール以外にもマックスバリュやミニストップ、ダイエー、まいばすけっと、ザ・ビッグ、駅などにも設置されているところがあります。





【ネットバンク未成年口座 預金の種類比較】





未成年用の銀行口座で利用できる預金には、普通預金と円定期預金があります。ネットバンクの良い所は、定期預金もインターネットから簡単に申し込める点です。


また、ネットバンクと大手都市銀行の預金金利 比較表にも記載している通り、預金金利は都市銀行に比べてはるかに高金利ですので、ネットバンクの方が利用しやすさと金利の面で圧倒的に好条件です。



しばらく利用する予定がなければ、不定期で行われる金利アップキャンペーンを利用して、金利がより高くなった時に定期預金にするのもお薦めです。





ネットバンクはこんなに得


ネットバンク(銀行)比較


じぶん銀行


ジャパンネット銀行


ソニー銀行


新生銀行




その他のネットバンク


お勧めサイト一覧


当サイトについて


Copyright(C) 2017 ネットバンク比較 得するネット銀行の選び方 All rights reserved