イーバンクマネーカードを解説
   ネットバンク比較 得するネット銀行の選び方 ネットバンク比較 得するネット銀行の選び方 運営スタッフ紹介 ネットバンク比較 得するネット銀行の選び方 サイトマップ


   ネットバンク比較 得するネット銀行の選び方 > イーバンク銀行 > イーバンクマネーカードを解説

イーバンクマネーカードを解説


イーバンク銀行のキャッシュカードには、年会費永年無料のデビットカードと一体となった「イーバンクマネーカード」があります。



デビットカードというと、なんとなく抵抗があるかもしれませんが、見た目や使い方こそクレジットカードと同じであるものの、その仕組みはまったく違います。


イーバンクマネーカードを現金の変わりに使うと、リアルタイムに預金口座から同額が決済されますので、クレジットカードのように、翌月など後からまとめて請求がくることはありません。



また、デビットカードの利用限度額は、預金口座の残高に連動していますので、仮に、イーバンク銀行の預金残高が1,000円であれば、デビットカードも1,000円までしか使えないようになっています。


これならクレジットカードのように、うっかり使いすぎる心配はありませんよね(^^ゞ。




イーバンクマネーカードのデビット機能




ちなみに、イーバンクマネーカードのデビット機能はどんなところで使えるのかというと、VISAと提携していますので、VISAのシールやマークが付いているお店であれば、どこでも使えます。



イーバンクマネーカード見本



ただし、しつこいようですが、使える金額の上限はイーバンク銀行の預金口座に入っている残高までですよ(笑)?



これなら、お子さんやご主人に、お小遣い用の口座として持たせても安心だと思います。また、デビット機能を使いたくなければ、イーバンク銀行の管理画面から、簡単に利用停止することもできます。




なお、イーバンクマネーカードには、カードを紛失しても30日前までさかのぼって補償される保険機能と、偽造防止や本人認証などセキュリティが強化されたICチップが搭載されています。




ですので、イーバンク銀行を利用するのであれば、イーバンクマネーカードも一緒に作った方が便利です。


なお、イーバンクマネーカードは、無料で発行でき、年会費は、永年無料のクラッシックカード、ATMの無料回数が3回に増え、イーバンクポイントが貯まりやすくなるクラッシックプレミアム(年会費:1,000円)、保証が充実したゴールドカード(年会費:3,000円)の3種類があります。




イーバンクマネーカードの種類




イーバンク銀行(現:楽天銀行)の無料口座開設は、コチラからできます。




参考 : イーバンク銀行の説明
    : イーバンクカードOMC(クレジットカード)を解説
    : イーバンク銀行のATM手数料改定への対策
    : 公共料金の引落しに対応していないネットバンクの使い方

    : ネットバンクでダンナのお小遣いを管理する(笑)
    : 郵便局のお金をコンビニATMから引出す裏技
    : 仕送り・家族への送金に役立つ「リアルタイム送金」




ネットバンクはこんなに得


ネットバンク(銀行)比較


じぶん銀行


PayPay銀行


ソニー銀行


新生銀行




その他のネットバンク


お勧めサイト一覧


当サイトについて


Copyright(C) 2017 ネットバンク比較 得するネット銀行の選び方 All rights reserved