ジャパンネット銀行の振込み手数料
   ネットバンク比較 得するネット銀行の選び方 ネットバンク比較 得するネット銀行の選び方 運営スタッフ紹介 ネットバンク比較 得するネット銀行の選び方 サイトマップ


   ネットバンク比較 得するネット銀行の選び方 > ジャパンネット銀行 > ジャパンネットの振込手数料

ジャパンネット銀行の振込み手数料


ジャパンネット銀行の基本情報でも書いていますが、ジャパンネット銀行では、ジャパンネット銀行同士の振込でれば、振込金額に関わらず一律54円という、格安の振込手数料を実現しています。




ジャパンネット銀行の振込手数料




相手がジャパンネット銀行口座であれば、どんなに大きな金額を振込んでも54円以上の振込手数料はかからないので、とてもお得です。そしてもちろん、振込がすぐに反映されるリアルタイム送金です。



また、ジャパンネット銀行は、ジャパンネット銀行以外の他の銀行にお金を振込む場合も、振込み手数料が172円〜270円となっており、店舗型の一般銀行と比較するとかなりお得です。


(参考:都市銀行の大手である三井住友銀行では、他行に振込む場合216円〜432円の振込手数料がかかります)




ちなみに、前月中の預金平均残高(定期預金も含む)が、3,000万円以上の場合は、振込手数料が月間5回まで無料となります。




ジャパンネット銀行の提携ATM振込手数料




そのほか、三井住友銀行のATMまたは、@BANKのATMでは、ジャパンネット銀行のキャッシュカードを利用して、ATMからの振り込みもできます。



ただ、その場合は、ジャパンネット銀行の振込手数料に加えて、三井住友銀行の振込手数料も必要となりますので、利用せざるを得ない時以外は、パソコンや携帯電話を使って、ジャパンネット銀行の公式サイトにログインして振り込んだほうがお得です(^^ゞ。





ジャパンネット銀行は郵便局への振込にも対応!

これはジャパンネット銀行の大きな魅力の一つなのですが、ジャパンネット銀行は郵便局口座への振込みに対応しています。通常、銀行⇒郵便局への振込はできないようになっているので、これは大きな特典です。



Yahoo!オークション等のネットオークションを利用している方や、ビジネスをしている方は、この”銀行から郵便局口座への振込ができない”ということで困った経験をしたことがある方は多いと思います。


通常、オークションの取引相手や、ビジネスの取引先が振込先として郵便局の口座を指定してきた場合、こちらも郵便局から送金しないと振込むことができません。



ですから、たまたま郵便局の残高が足りないようなことがあると、わざわざ郵便局まで行ってお金を入金しなければならないのです。


しかし、ジャパンネット銀行を使っていれば、ジャパンネット銀行にログインして、インターネット上から相手の郵便局口座にお金を振込むことができるので、自分の貴重な時間を失わなくても済みます。




郵貯Web送金サービス | ジャパンネット銀行





参考 : 法人口座の常識を覆す ジャパンネット銀行
    : ネットバンクでダンナのお小遣いを管理する(笑)
    : 仕送り・家族への送金に役立つ「リアルタイム送金」
    : ジャパンネット銀行でヤフーオークションを簡単・お得に活用

    : 郵便局のお金をコンビニATMから引出す裏技
    : ジャパンネット銀行の外貨預金
    : ネットバンク 法人口座の比較・評価
    : ジャパンネット銀行のFX口座(JNB-FX PLUS)を徹底解説





ネットバンクはこんなにお得


ネットバンク(銀行)比較


じぶん銀行


ジャパンネット銀行


ソニー銀行


新生銀行




その他のネットバンク


お勧めサイト一覧


当サイトについて


Copyright(C) 2017 ネットバンク比較 得するネット銀行の選び方 All rights reserved