ジャパンネット銀行の総合評価
   ネットバンク比較 得するネット銀行の選び方 ネットバンク比較 得するネット銀行の選び方 運営スタッフ紹介 ネットバンク比較 得するネット銀行の選び方 サイトマップ


   ネットバンク比較 得するネット銀行の選び方 > ジャパンネット銀行 > ジャパンネット銀行 総合評価

ジャパンネット銀行の総合評価


ジャパンネット銀行(ジャパンネットバンク)を「便利さ」「手数料の安さ」「金利の高さ」「サービスの豊富さ」「信頼性」の5点から評価し、また、最後に管理人のコメント・評価を掲載しています。




1.便利さ

ジャパンネット銀行は、リアルタイム即時入金、給与振込、公共料金の自動引き落としに対応している点など、ネットバンクの便利なサービスは全て揃っています。

また、下記のようにコンビニや郵便局など、幅広いATMから入出金ができるようになっていて、夜間や日祝日などでも、現金の引出しには困りません。



・ セブン銀行(セブンイレブン・イトーヨーカードー等)
・ イーネット(ファミリーマート・ミニストップ)ATM
・ ローソンATM(ローソン・ナチュラルローソン等)
・ 三井住友銀行
・ ゆうちょ銀行(郵便局)




2.手数料の安さ

相手(振込先)がジャパンネット銀行口座であれば、どんなに大きな金額を振込んでも「54円」以上の振込手数料はかからないので、とてもお得です。

そしてもちろん、振込がすぐに反映されるリアルタイム送金です。


また、ジャパンネット銀行は、ジャパンネット銀行以外の他の銀行にお金を振込む場合も、振込み手数料が「172円〜270円」となっており、店舗型の一般銀行と比較するとかなりお得です。




ただ、他のネットバンクと比較すると、手数料の面では明らかに安いとは言い切れません。

例えば、新生銀行住信SBIネット銀行楽天銀行の場合は、同じ銀行同士なら手数料が無料です。これを考えると、ジャパンネット銀行の振込手数料は明らかに安いとまでは言えませんよね。




しかし、新生銀行などほかのネットバンクの場合も、月の振込手数料無料回数を超えると、300円の振込手数料がかかったりしますので、一概にジャパンネット銀行だけが高いわけではありません。


これを考えると、やはりジャパンネット銀行と取引をする可能性があるのであれば、口座を持っていた方が安心だと言えます。

もちろん、インターネットオークションを利用する方は必須です(笑)。




3.金利の高さ

普通預金の金利 : 0.01〜0.015%
定期預金の金利 : 0.02%〜


数字だけ見るとよく分からないかもしれませんが、ゆうちょ銀行(旧郵便局)の金利と比較してみれば、ジャパンネット銀行の金利がどれだけ高いのかが分かって頂けると思います。1年満期の定期預金でも、2倍以上の金利差です。


※金利は不定期で変化するものなので、必ず、ジャパンネット銀行の公式サイトで確認することをお勧めします。




4.サービスの豊富さ

ジャパンネット銀行のサービスは、上に書いたリアルタイム即時入金、給与振込、公共料金の自動引き落としに対応している点以外にも、かなり豊富です。

下の図はジャパンネット銀行のサービス案内ですが、説明しきれないほど数多くのサービスを提供していることが分かって頂けると思います。








5.信頼性

「ジャパンネット銀行の一番の特徴は何か?」と聞かれれば、やはり、「信頼性が高いこと」ではないかと思います。



ジャパンネット銀行は、ジャパンネット銀行の株主構成でも説明したように、都市銀行 大手の三井住友銀行をはじめとする、多くの信頼できる優良企業に認められ、そして、出資して作られたネットバンクですので、他のネットバンクと比較すると、信頼性の面での安心感はかなり高いです。




また、盗難・不正使用の補償も充実しています。

キャッシュカード盗難保険 : 最高50万円
預金口座不正使用保険 : 最高500万円




そして、ジャパンネット銀行は、検索エンジン最大手のYahoo!Japanと提携していますので、ヤフーかんたん決済の利用手数料が無料になるなど、Yahoo!Japanとの連携サービスや、今後の更なるサービスの充実も期待できます。




6.管理人のコメント・評価

「オークション利用者・法人(個人事業主)は、特に利用したい!」



ジャパンネット銀行のビジネスアカウントでも説明しましたが、ジャパンネット銀行の法人口座は、サービスがかなり充実している上に、手数料体系も個人口座と変わりがないので、他の銀行と比較して、かなりお得感があります。



また、オークションの取引相手や、自社の顧客等がジャパンネット銀行を持っている場合、顧客はJNB-J振を利用して簡単に振込みができ、また、振り込まれたお金はリアルタイムで確認できるので、顧客や取引相手への素早い対応が可能です。



下に、ジャパンネット銀行と三菱東京UFJ銀行の法人口座の比較表を作りましたが、これを見て頂ければ、どれだけジャパンネット銀行の法人口座のサービスが充実しているのかが分かって頂けると思います。




ジャパンネット銀行 三菱東京UFJ銀行
基本料金 無料 月額2,160円
振込手数料(同行) 3万円以下:54円
3万円以上:54円
3万円以下:108円
3万円以上:324円
振込手数料(他行) 3万円以下:172円
3万円以上:270円
3万円以下:540円
3万円以上:756円
リアルタイム送金 ×
口座追加 最大20口座まで無料 5件までは無料。以降、
1名当たり月:216円
振込予約 999件まで無料 初回:27,000円
以降、月額:3,240円



法人、個人事業主(自営業)の方は、ぜひジャパンネット銀行 ビジネスアカウントを活用して下さい。私も利用していますが、とても便利です。




個人の方の場合にも、ジャパンネット銀行は、ネットバンクの特徴である


「リアルタイム入金」
「同じ銀行同士なら、一律54円の格安手数料」
「ATM利用手数料が無料(条件あり)」



と便利なサービスが揃っていますし、公共料金の引き落としにも対応していますので、メインのネットバンクとして利用しても良いでしょう(*^^*)。




ジャパンネット銀行の「一般口座開設(無料)」は、コチラからできます。
ジャパンネット銀行の「法人・自営業(無料)」の口座開設は、コチラから。
ジャパンネット銀行の「ネットキャッシング」は、コチラからできます。





参考 : 法人口座の常識を覆す ジャパンネット銀行
    : ネットバンクでダンナのお小遣いを管理する(笑)
    : 仕送り・家族への送金に役立つ「リアルタイム送金」
    : ジャパンネット銀行でヤフーオークションを簡単・お得に活用

    : 郵便局のお金をコンビニATMから引出す裏技
    : ジャパンネット銀行の外貨預金
    : ネットバンク 法人口座の比較・評価



ネットバンクはこんなにお得


ネットバンク(銀行)比較


じぶん銀行


ジャパンネット銀行


ソニー銀行


新生銀行




その他のネットバンク


お勧めサイト一覧


当サイトについて


Copyright(C) 2017 ネットバンク比較 得するネット銀行の選び方 All rights reserved