楽天銀行の株主構成
   ネットバンク比較 得するネット銀行の選び方 ネットバンク比較 得するネット銀行の選び方 運営スタッフ紹介 ネットバンク比較 得するネット銀行の選び方 サイトマップ


   ネットバンク比較 得するネット銀行の選び方 > 楽天銀行 > 楽天銀行の株主構成

楽天銀行の株主構成


楽天銀行(旧イーバンク銀行)の株主構成について解説しています。

銀行というものは信用で成り立っていますから、ネットバンクを選ぶに当たって、誰が株主になっているのか、つまり、株主構成について知っておくことはとても大切です。




楽天銀行は、2010年5月にイーバンク銀行から楽天銀行に社名変更し、楽天グループの会社となりました。




楽天銀行の会社概要




かつてイーバンク銀行の時は、株主構成にNTTファイナンスやマネックスグループ、住友商事など、いくつかの大手企業がいましたが、上の会社概要を見て頂ければ分かる通り、楽天銀行に変わってからは株主構成が楽天株式会社100%となり、楽天グループの完全子会社になりました。



ジャパンネット銀行の株主構成と比べると、株主は楽天株式会社のみですので、正直なところ、株主構成から考えた安心感では、都市銀行 最大手の三井住友銀行が筆頭株主となっているジャパンネット銀行に見劣りする部分があります。



ただ、楽天銀行は、損害保険の最大手である三井住友海上と保険契約を結んでおり、最高1000万円まで、口座の不正使用による損害を補償する「セキュリティ保険」を無償で提供しています。




楽天銀行のセキュリティ保険




また、キャッシュカード盗難による損害も最高300万円まで補償してくれますので、意外にもジャパンネット銀行の補償制度と同じく、手厚い補償が受けられます。



また、この楽天銀行の手厚い補償制度については、楽天銀行の総合評価で詳しく解説したいと思います。





ネットバンクはこんなに得


ネットバンク(銀行)比較


じぶん銀行


ジャパンネット銀行


ソニー銀行


新生銀行




その他のネットバンク


お勧めサイト一覧


当サイトについて


Copyright(C) 2017 ネットバンク比較 得するネット銀行の選び方 All rights reserved