新生VISAカードで現金キャッシュバック
   ネットバンク比較 得するネット銀行の選び方 ネットバンク比較 得するネット銀行の選び方 運営スタッフ紹介 ネットバンク比較 得するネット銀行の選び方 サイトマップ


   ネットバンク比較 得するネット銀行の選び方 > 新生銀行 > 新生VISAカードで現金キャッシュバック

新生VISAカードで現金キャッシュバック


新生銀行は、新生VISAカードというクレジットカードを発行しており、




年会費 永年無料の「新生VISAカード パワースタンダード」
年会費 3,000円の「新生VISAカード パワープレステージ」





の2種類のどちらか一方を作ることができ、32色の中からお好きな色を選ぶことができます。




新生VISAカードの種類


上の比較表を見ていただければ分かるように、新生VISAカードの大きな特徴として挙げられるのが、


最大0.5〜1.0%の現金キャッシュバック


という特典です。




新生VISAカードでは、利用額の0.5%〜1.0%がポイントとして貯まる仕組みになっていて、「カードの利用額」が10万円を超えると、そのポイントを現金として自分名義の新生銀行口座に振込んでもらうことができます。

※ポイントは、1P=5円として計算されます。




ただし、現金キャッシュバックの%のところに、「最大」と書いてあることから分かるように、0.5%〜1.0%を現金キャッシュバックしてもらうためには、ある条件を満たさなければなりません。

その条件とは、「年間のクレジットカード利用額」です。



下に、新生VISAカードのキャッシュバック金額の例を掲載していますので、「どれくらいの年間利用額で、いくらのキャッシュバックが得られるのか」については、下を参考にして頂けると光栄です。




新生VISAカードのキャッシュバック金額の例


これを見ていただければ分かるように、年間利用額が60万円(ひと月当たりで計算すると、5万円)以上になる方は、年会費3,000円の「新生VISAカード パワープレステージ」を作った方がお得になります。





続いて、新生VISAカードに付帯している保険・サービスを解説していきます。まずは、新生VISAカードの説明画像を見ていただけると光栄です。




新生VISAカードの各種付帯サービス


赤い四角で囲んだサービス・付帯保険が魅力的なもので、それ以外のものは、他のクレジットカードでもよく見かけるものなど、大して魅力的な内容ではないと判断したものです。




国内・海外旅行傷害保険 (参考:クレジットカードの付帯保険)

現金キャッシュバックに続く、新生VISAカードの大きな魅力として挙げられるのが、新生VISAカードの付帯保険です。


多くのクレジットカードを今までに見てきましたが、新生VISAカードの付帯保険は、かなり充実しています。



死亡・後遺障害が最高1,000万円というのは、「最高レベルの保障」とは言えませんが、海外旅行保険の基本用語でも説明しているように、この保障は、海外旅行中に「死んだり・重度の後遺症が残る病気やケガ」になった際におりる保険金です。


しかし、死んだり、後遺症が残るような重大な病気やケガになる確率と、普通のケガや病気になる確率とを考えたら、圧倒的に高いのは、後者の方だというのは誰でも分かると思います。




つまり、クレジットカードの付帯保険で大切なのは、死亡・後遺障害よりも、むしろ、傷害治療(ケガの保険)や疾病治療(病気の保険)の金額なのです。


この点において、新生VISAカード(年会費無料)の方であっても、最大200万円の保険がおりるようになっていて、まさに「最高レベル」と言えます。




左が年会費無料 新生VISAカード、右が年会費 3,000円 新生VISAカード




左が年会費無料の新生VISAカード、右が年会費 3,000円の新生VISAカードの付帯保険の内容です。




新生VISAカードのカーライフサポート

新生VISAカードでは、年会費無料のロードサービスを提供しています。


ロードサービスと言えば、JAFのロードサービスが有名ですが、これを利用するためには入会費や年会費がかかります。


しかし、新生VISAカードでは、入会金や年会費はかからず、サービスを利用した時だけ、その分の費用を払えばよいので、JAFよりもお得です。




新生VISAカードのロードサービス




新生VISAカード(年会費3,000円)のショッピングガーディアン保険

こちらは、年会費3,000円のカードのみの特典になりますが、国内・国外問わず、新生VISAカードで購入した商品について、購入日より90日以内の破損・盗難などの損害を補償してくれます。



年間の保険金支払い限度額が300万円と大きいので、ブランド品や家具、その他の高価な品物などについても、新生VISAカードで購入すれば、自動的に破損・盗難保険が付けられます。


クレジットカードでよく買い物をする方や、盗難・破損などの事故に不安がある方にお勧めの特典です。



ただし、1事故につき3,000円の自己負担が必要となっています。

例:30万円の品物が盗まれた⇒30万円のうち、3000円だけ自分が負担。残りの29万7,000円は新生VISAカードが補償。




新生VISAカード(年会費3,000円)の個人賠償責任保険

こちらも年会費3,000円の新生VISAカードだけの特典となりますが、日本国内の日常生活で、他人を死傷させたり、財物に損害を与えることによって発生する、法律上の賠償責任を補償してくれます。



車の事故による補償(保険)については、自動車保険によって補償されますが、それ以外の日常生活において、人や物に損害を与えた場合には、自動車保険では補償してくれません。

当然、治療費や入院費、物に対しての傷、破損については、「自腹で払う」ということになります。




・ 人の家に遊びに行ったとき、高価なインテリアを壊してしまった。
・ 他人の車から降りるときにドアを開けたら、運悪く、見えないところに岩があり、それにドアをぶつけてしまい、修理代を負担することになった。



上に書いた例など、日常で起こる事故には色々とありますが、そんな時、新生VISAカード(年会費:3,000円)を持っていれば、補償を受けることができます。



新生VISAカードは、32色から好きな色が選べます。




以上が、新生VISAカードの主なメリットですが、その他にも、全32色から自分の好みの色のクレジットカードを作成できたり、新生銀行グループの株式会社アプラスの様々なサービス(優待割引など)を利用することができます。




・ カード利用額の最大0.5%〜1.0%を現金キャッシュバック
・ 充実した国内・海外旅行傷害保険
・ 入会金・年会費無料のカーライフサポート

・ 年間限度額300万円のショッピングガーディアン保険 (有料カードのみ)
・ 1事故当たり最大30万円補償の個人賠償責任保険 (有料カードのみ)

・ アプラスのサービスが付帯
・ 全32色から好みの色が選べる





上に書いたように、新生VISAカードには、魅力的な特典が多数ありますので、新生銀行の口座を持っている方にお勧めのクレジットカードです。



最後に一つ注意点ですが、新生VISAカードの申込みをするには、新生銀行に口座を持っていることが条件になります。




新生銀行「総合口座(普通預金口座)」の説明&無料口座開設




参考 : 新生銀行の落とし穴(デメリット)
    : 楽天銀行(旧イーバンク銀行) ゴールドラッシュプログラム 錬金術
    : 新生銀行は、生活口座として最適なネットバンク(銀行)

    : コンビニATMも、銀行ATMも、利用手数料 無料の銀行を活用する!
    : 新生銀行、年利0.15%〜の高金利 円仕組預金で賢く運用
    : 新生銀行の「新生ゴールド」で振込手数料5回無料に!

    : 手数料の改悪が続く楽天銀行の乗り換え先は?
    : 最短!2週間満期&高金利、新生銀行の円預金
    : 新生銀行のATM利用料が、実質無料→完全無料に!




ネットバンクはこんなに得


ネットバンク(銀行)比較


じぶん銀行


ジャパンネット銀行


ソニー銀行


新生銀行




その他のネットバンク


お勧めサイト一覧


当サイトについて


Copyright(C) 2017 ネットバンク比較 得するネット銀行の選び方 All rights reserved